忍者ブログ
モダンガールと大正末期~昭和初期を ひたすら追ひ掛ける淺井カヨです。
[104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [95]  [94]  [93]  [92











第27回「週刊モガ」冩眞で振り返る我が“大正時代まつり”
 
日本モダンガール協會代表の淺井カヨです。
御陰樣で、私は恙なく元氣に過ごして居ります。

「週刊モガ」としての更新は一體どれ位振りに成るのか見當もつきません。
「カヨさんは、いつ“週刊モガ”のタイトルを變へるのですか?」と
周りから云はれ續けて居りました。
嗚呼、云ひ返せない、、、。

此處での近況報告は久し振りなので、
何から御話して良いやら分かりませんが、
今年の大きな出來事と致しましては、間借りしてゐた
大正時代の洋館からの立ち退きの件でせう。

モガッタアhttps://twitter.com/weeklymoga
(最近は、こちらでの近況報告が多くなつてしまひました。)
でも御知らせしましたが
急遽、住民8名全員が立ち退きしなければならない状況と成り、
約1箇月で新しい住居を探さなければなりませんでした。
勿論、こんな理不盡な状況が許されるわけもなく
住民と協力して色々と手を盡くしました。複雜な事情もあつて
此處には内容を細かく書けませんが、
兔に角、引越が確定と成り不動産屋で開口一番
「一等古い物件を!」と申しました。

偶々飛び込んだ不動産屋でしたが、耐震工事が丁度終はる所だと云ふ
昭和元年~4年頃に建てられた“新しい”物件を見つける事が出來まして、
6月下旬に引越をしました。

大正から昭和初期迄に建てられた新しい下宿が果たして
すぐに見つかるのか、と弱氣に成つてゐた時に、
「今さら貴女が新しい所に住むなんて恥だ!」と某氏から
叱咤激勵されました。

生活用品の殆どが古道具、骨董品の類なので梱包が大變で、
最終的には隣人の手を借りました。

因に引越に關しましては、大手引越會社に見積もり計算表が
有りましたので試してみましたが、

「冷藏庫(モチ電氣)、洗濯機、乾燥機、テレビ、エアコン、
プラスチックの衣裝ケース・・・」等々で
一つも該當が有りません。

「氷冷藏庫、たらい、蓄音器、ラヂオ、ランプ、黒電話、行李、脇息・・・」
など、今の私にとつて必要な欄が皆無でしたので、
結局大手の引越會社には頼みませんでした。

見積もりに來た業者からは、
「此の中で壞れた時に辨償出來るのは、豚の蚊取り線香入れだけだ。」
と云はれました。

引越當日、屈強さうな引越會社の男性數人が荷物を運んでくれましたが
其の中の外國人が、氷冷藏庫を金庫と間違へたとのことです。

約3年4箇月、間借りした大正10年建立の洋館の解體工事は
今月始まり、殆ど取り壞しが終はりました。
洋館の跡地には、おそらくマンションが建つでせう。

ほんの數箇月前迄生活をした所が、あつと云ふ間に壞れていくのは
不思議な感覺でした。工事現場と成つた元の家を深夜に訪れて、
半壞してゐる元の私の部屋を阿呆の樣に眺めて居りました。
骨組みだけになった建物の背後に、星が瞬いて見へました。

新居(くどいですが昭和初期)につきましては、
よみうりTV「大阪ほんわかテレビ」の
取材が入り、新しい部屋の内部が10月7日(日)に放送されました。
此の番組は、關西地區のみの放送でしたが、
先日SPレコードのオークションで一日だけ大阪へ出掛けた際に、
番組を觀てくださつた方數名が、お聲を掛けて下さいました。

前の洋館では、臺所、洗面所等が共用でしたが
今度の下宿は臺所が自分の部屋に有るので、
其の點が可也便利に成りました。

臺所は、作業臺がタイル貼りで
人造石研ぎ出しの流し臺附きです。
専ら昭和初期の臺所の再現に努めて居ります。

早速、かつぱ橋道具街にてガス七輪を入手して設置し、
古道具屋にて憧れのテンピを贖入しました。

臺所に關しましては、當時の料理を含めまた
紹介し度いです。
今は引越して本當に良かつたなアと思つて居ります。

「週刊モガ」が更新出來ない間、何らかの
取材がずつと途切れない状況が現在も續いて居りまして、
周圍を取り卷く環境が、此の數年で變はりました。
今迄以上に、知らない方から樣々なことを
云はれる樣に成りました。

周りの目を氣にして、やり度い事を思ひ切つて
出來ない人生ほど、悲しい事は有りません。色々な生き方が
あつて良いのだ、
其の砂粒位のサンプルの一つが私なのだ、と云ふことは
以前から一貫して傳へたいことの一つです。

何を云はれても決して止めません。

周りから人が去つても、自らのこゝろの中に大切だと思ふ
人が一人でも居れば良いのです。今、生きてゐる人でも
今、生きてゐない人でも、良いでせう。

一人になる事は怖い事ではなく、
集團の中でだんだん自分をなくしていく方がずつと怖いのです。
 

サテ、本題に入る前に前置きが大分長くなつてしまひましたが、
平成24年10月27日(土)埼玉縣のJR与野驛周邊で開催豫定の
「第21回大正時代まつり」(雨天時は28日に順延)に、
今年もモダンガールの洋裝(1920年代の當時物)で出場致します。
http://www.taishou-jidaimatsuri.jp/ 詳細は此方です。
  
大正時代と銘打つて居りますが、大
正時代だけに特化した祭りでは有りません。
ハッキリ申しまして、何でも有りの混沌とした祭りではないかと私は
思つて居ります。
其の邊りを含めて樂しむのが良いと思ひます。

第15回(平成18年)から毎年缺かさず參加して居りまして
今年で連續7回目の出場です。全て自前です。
今回は冩眞で過去を振り返つてみようと思ひます。

お時間がございましたら
是非、この機會にお運びください。


第15回(平成18年)大正時代まつり、初出場。



昭和初期の正絹製ドレス






第16回(平成19年)大正時代まつり
、2回目。


大正時代の日傘がポイントです。



第17回(平成20年)大正時代まつり、3回目





第18回(平成21年)大正時代まつり、4回目



シマウマ水着!!

第19回大正時代まつり(平成22年)
、5回目







第20回大正時代まつり(平成23年)6回目






さて、本年(平成24年)の
第21回大正時代まつり
(7回目)
おたのしみに!

http://www.taishou-jidaimatsuri.jp/

 
与野で「週刊モガ」を観た、と
話掛けてくださると嬉しいです。其れでは、御機嫌よう。

㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽100年

     日本モダンガール協會  淺井カヨ   

㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽100年

にほんブログ村 歴史ブログ 近代 明治・大正・戦前へ 

↑↓ クリックをして戴けると、励みになります。

PR
モダンガールのスヽメ
東京府のマボロシ
自己紹介
HN:
  淺井 カヨ
性別:
女性
自己紹介:
日本の大正末期から
昭和初期の
モダンガールと、
同時代を追ひ掛けてゐます。


このブログの
著作権は
淺井カヨに帰属
してゐます。
記事、画像の
無断転載、複写使用を
固く禁じます。
平成20年
3月10日より

Copyright
©2008 2009
2010 2011
2012 2013 2014
2015 2016 2017
Asai Kayo.
All Rights Reserved.

このサイトに対する
ご意見、ご連絡は下記へ
お願ひします。

お名前とご連絡先が
記載されていない
メールへの
ご返答は
いたしかねます。
また全てのメールへの
ご返信は
出來ません。
ご了承下さい。

※メールアドレス

info★mogakyokai.com

★→@にしてください。

日本モダンガール
協會 淺井カヨ

http://mogakyokai.com/
モガッタア
最新記事
(04/14)
(04/09)
(03/13)
(03/08)
(02/12)
(02/04)
(01/16)
(01/06)
(10/02)
(05/21)
(02/21)
(01/25)
(11/03)
(10/27)
(10/13)
(10/09)
(09/01)
(08/21)
(08/10)
(07/09)
(07/03)
(06/09)
(05/26)
(01/19)
(01/16)
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
冩眞畫報
廣告
識別子
ブログ「週刊モガ」内検索
廣告
忍者ブログ [PR]