忍者ブログ
モダンガールと大正末期~昭和初期を ひたすら追ひ掛ける淺井カヨです。
[46]  [45]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35

 

 

 

 

チェンマイ冩眞帖 其の弐旅の斷片から

其の壱に引き續きまして御送り致します。

 チェンマイの住宅地で見掛けた門です。

チェンマイには古い家が沢山有り、

見飽きません。

チェンマイ驛から鐵道で、約2時間程の

ランパーンと云ふ町へ向ひました。

 車内で配られた輕食です。

此れに飮み物が附いて、

(珈琲が來たので紅茶を頼んだら、

忘れ去られて持つて來ませんでした。)

行き歸り共、同じ特急列車で

行きは333バーツ、歸りは輕食と

飮み物が附かず、50バーツでした。

觀光客だから高くなつたと云ふわけでは

決して有りません。何とも不思議な話です。

 旅の一瞬です。

 此処は、ランパーン驛舎です。

 ランパーンの街角から。

驛の周りを中心に、古い建築が澤山有りました。

時々、馬車を見掛けました。

 

 ★此方も年季が有りさうです。

偶々、通りがかつた自轉車屋には

實用自轉車が山程有りました

泰國はオオトバイが多いのですが、

實用自轉車を見ると、嬉しくなりました。

 

 ★歸りの列車は、100分位遲れました。

それ位では誰も驚きません。

バンコク行きの對向列車が來たのですが、

荷物が入つてゐた車輛が日本の古い車輛のやうで

暫し眺めて居りました。(此の冩眞から、いつのものか

わかると云ふ方は、是非ご聯絡下さいませ。)

チェンマイへ戻りました。百貨店の脇に

忘れ去られたやうに置かれてゐた

廻轉木馬の一部です。

 チェンマイの寺院にて。

立ち寄つたBarの看板です。

何故か象の繪が貼られてをりました。

 

最後に成りましたが、わたくしの旅の友です。

昭和初頭、海外旅行用に

作られたやなぎごおりの頑丈なトランクです。

風呂敷包みが大層役に立ちました。
 

 旅の斷片から、何かを感じて戴ければ幸ひです。

其れでは、御機嫌よう。

    日本モダンガール協會・淺井カヨ  

PR
自己紹介
HN:
  淺井 カヨ
性別:
女性
自己紹介:
日本の大正末期から
昭和初期の
モダンガールと、
同時代を追ひ掛けてゐます。

このブログの
著作権は
淺井カヨに帰属
してゐます。
記事、画像の
無断転載、複写使用を
固く禁じます。
平成20年
3月10日より

Copyright
©2008 2009
2010 2011
2012 2013 2014
2015 2016 2017
Asai Kayo.
All Rights Reserved.

このサイトに対する
ご意見、ご要望、
淺井カヨへの
ご連絡は、下記の
メール・アドレスへ
お願ひ申し上げます。

お名前(必ずフルネームで)、
ご連絡先(メールアドレス
のみは不可です)が
記載されていない
メールへの
ご返答は、
いかなる場合でも
いたしかねます。

また、必ず
ご用件の内容を
メールに
お書きください。
ご用件の分からない
メールにはお返事を
いたしません。

お電話での対応は、
一切いたして
をりません。

また、全てのメールへの
ご返信は出來ません。
ご了承下さい。

※メールアドレス

info★mogakyokai.com

★→@にしてください。

日本モダンガール
協會 淺井カヨ

http://mogakyokai.com/
最新記事
(07/10)
(05/26)
(05/26)
(05/13)
(05/08)
(05/01)
(04/28)
(04/28)
(04/27)
(04/14)
(04/09)
(03/13)
(03/08)
(02/12)
(02/04)
(01/16)
(01/06)
(10/02)
(05/21)
(02/21)
(01/25)
(11/03)
(10/27)
(10/13)
(10/09)
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者ブログ [PR]