忍者ブログ
モダンガールと大正末期~昭和初期を ひたすら追ひ掛ける淺井カヨです。
[43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33

 

 

 
 
 
或る1日の冩眞から(謎の地平線) 
 
此處は不思議な、夜の世界です。

 

生物の氣配すら感じさせぬ荒涼とした大地が、

何處までも、何處までも
續いてゐるかのやうです。
 
漆黒の闇の中、さびしい大地は不思議な光を帶びてをります。
 
おぼろげな地平線と闇夜に搖らめく仄かな明かりは、
 
何處へ向かつてゐるのでせう。
 
此處は一體、何處なのでせうか、、、。
 
(本文に答へがございます。)
 
 
此の頃、頻繁にウェブログを更新して居ります最大の理由は
最近、ある方から「デジタルカメラ」を戴いたからです。
基本的に、現代の物を殆ど買はないわたくしなのですが、
現代の物を戴いた場合は、有り難く最大限に使用する事に
致して居ります。
 
 今日は何てことのない一日でしたが、良い休日を送れましたので
此處に記し度いと思ひます。
 
              ★
 
此の頃の寒さで疲れてゐたのか
昨夜は夜遲くに勞働から戻り、
暖かい湯丹保の入つたベッドの中で
晝近くまで眠つてしまひました。
 
過日、横須賀市の「もの屋」と云ふ名の
昨年出來た許りの素的な古道具屋へと參りました。
お店へ足を踏み入れた時の、
あの昂揚感は何と表現したら良いのでせう。
自轉車に詳しい友人が、店の中から
自轉車用の荷臺を薦めて呉れたので贖入致しました。
 
けふは其の荷臺を、昨年贖入した
2臺目の實用自轉車、山崎BBB(サンビー)號
取り附け度いと思つて、いつも出掛ける
南方の自轉車屋へと參りました。
昔乍らの小さなお店で、看板娘のおばあさんが
いつも自轉車を直して呉れます。
 
荷臺を取り附ける爲に、
ボルトを緩めなければならない樣ですが
古くて錆びてゐるのか、全く動きません。
其れに加へて、合ふ工具が足らない樣でした。
 
おばあさんが、「あたしの力では無理だ。」と云ひました。
 
南方の自轉車屋のおばあさんは、
北方の自轉車屋を、薦めて呉れました。
 其処ならば今日は營業してゐるから、
直せるだらう、と。
 
おばあさんに教へて貰つた
北方の自轉車屋へと
自轉車を走らせて參りました。
大きなガレエジに古い部品が寶の山のやうに
積まれてゐる、此處も昔乍らの自轉車屋でした。
 南方の自轉車屋には、おぢいさんが居ました。
 
おぢいさんはサンビー號を見ると、
急に俊敏な動きに變はりました。
加へて小さな體躯で力仕事を頼もしくひよいひよいと
こなしました。娘さんが工具を取つたり、手傳ひをしてゐます。
古い自轉車なので、なかなか一筋繩ではいかないやうでしたが、
時間を樂しんでゐるかのやうでした。
 
 
 
↓ 荷臺が附きました。色も形も、ぴつたりの荷臺でした。
 
その後、點檢をして戴きました。

防犯登録を忘れて居りましたので、
登録のお願ひを致しました。
車體番號は一體何處にあるのでせうと申しますと、
おぢいさんは自轉車をひよいと持ち上げ、
「此處にあるヨ。」と云ひました。
 
 
意外な場所に、車體番號が記されて居りました。
 
北方の自轉車屋を後にして、美粧院へと參りました。
下北澤の馴染みの美粧院がとても良く、
長年通つて居りましたが、昨今は時間と經濟の問題から
自轉車で行ける場所へ出掛けて居ります。
 
入口に自轉車を置いて冩眞を撮りました。
すてきなお店です。
 
 
先づは、ハサミで斷髮にして、
後頭部に蒸しタオルをあてた後、
剃刀をあてて貰ひます。此處では
T字の剃刀ではなく、化粧用剃刀です。
 

 
後頭部に化粧用剃刀を
あてられる緊張感を知つてゐる女性は、
多くはないかもしれません。
(實は惡くない氣分です。)
 
擔當の美粧師に
「どれ位伸びるのか知り度いので、
後頭部の冩眞を御願い致します。」と申しました。
 
デジタルカメラで畫面を確認いたしますと、
餘りにも近過ぎたので、
「も、もう少し全體を撮つて下さい。」とお願ひして
出來た冩眞が下の冩眞です。
 
 
と、云ふわけで
最初に美粧師に撮つて戴いた餘りにも近過ぎた冩眞が、
冒頭の冩眞です。
(・・・つい、をかしな想像を認めてしまひました。)
 
お店を出ると、今晩も雪が散らついて居りました。

昨日は自分でカレーを作りましたが、
外でも食べ度くなつたので、今晩は
とある喫茶店へと參りました。
喫茶店でカレーを頂き、カレーの材料を買ひに
八百屋へ寄りました。またしても、カレーを作るのです。
私は昨今、カレーに夢中です。
 
其の後、馴染みの店へ立ち寄ると
蝶が一等好きな御方がいらつしやいましたので
一旦自宅へ戻つて、
蝶の標本を抱へ乍ら、番傘をさして
再びお店へ訪れました。
雪の降る晩に、儚げな蝶々の御話を伺ひました、、、。
 
ただ、其れだけのお話です。

遠い町の繪の中にゐる樣な、私にとって
良い一日でありましたので
此處に記しておかうと思ひました。
 
 
・・・嗚呼、明日こそは旅の準備をしなければなりません。
 
御機嫌よう。(あ、こはい顔をしてはいけません、、、。)
 
㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽99年
    
          日本モダンガール協會・淺井カヨ  
 
㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽㍽99年
PR
自己紹介
HN:
  淺井 カヨ
性別:
女性
自己紹介:
日本の大正末期から
昭和初期の
モダンガールと、
同時代を追ひ掛けてゐます。

このブログの
著作権は
淺井カヨに帰属
してゐます。
記事、画像の
無断転載、複写使用を
固く禁じます。
平成20年
3月10日より

Copyright
©2008 2009
2010 2011
2012 2013 2014
2015 2016 2017
Asai Kayo.
All Rights Reserved.

このサイトに対する
ご意見、ご要望、
淺井カヨへの
ご連絡は、下記の
メール・アドレスへ
お願ひ申し上げます。

お名前(必ずフルネームで)、
ご連絡先(メールアドレス
のみは不可です)が
記載されていない
メールへの
ご返答は、
いかなる場合でも
いたしかねます。

また、必ず
ご用件の内容を
メールに
お書きください。
ご用件の分からない
メールにはお返事を
いたしません。

お電話での対応は、
一切いたして
をりません。

また、全てのメールへの
ご返信は出來ません。
ご了承下さい。

※メールアドレス

info★mogakyokai.com

★→@にしてください。

日本モダンガール
協會 淺井カヨ

http://mogakyokai.com/
最新記事
(07/10)
(05/26)
(05/26)
(05/13)
(05/08)
(05/01)
(04/28)
(04/28)
(04/27)
(04/14)
(04/09)
(03/13)
(03/08)
(02/12)
(02/04)
(01/16)
(01/06)
(10/02)
(05/21)
(02/21)
(01/25)
(11/03)
(10/27)
(10/13)
(10/09)
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者ブログ [PR]